2017/06/04 【教え子列伝】 日置 翔さん Bリーグ 愛媛オレンジバイキング プロバスケ球団スタッフ

Share on FacebookTweet about this on Twitter

日置翔さん

私は小村さんに学生時代に一度お世話になり、就職して数年後に再びお世話になりました。
宮古島という離れた場所から転職のことで相談した際、漠然とした内容にもかかわらず、小村さんは親身になって応じてくださいました。将来の不安ばかり嘆いて踏ん切りがつかなかった私に、厳しい言葉を頂いたことは、真剣に向き合っていただいている証だと思っています。

転職の話をしている中で、スポーツジョブライセンスに出会い、挑戦をするに至ります。私はサービス業に従事しており、人と接する部分を得意としていましたが、一般的なビジネススキルの部分に不安があったため、その点を勉強しつつ今後のことを決めていく進め方をしていきました。スキルだけでなく、「自分とは何者か」というテーマの下、マンツーマンという形式も相まって、自分を見つめ直す非常に良い機会になりました。

就職の話をすると、話には聞いていましたが、スポーツ業界は本当にタイミングなんだな、と。いつでも、どのようにでも動けるようにフットワークを軽くし、アンテナを張り、準備をしておくことの重要さを肌で感じています。

その中で小村さんのアドバイスは非常に大きな力になります。張れるアンテナをさらに伸ばしたり、どう準備したら良いかを教えていただいたり、自分が向かうべき方向を一緒に向きながら背中を押していただきました。対話を通して、成長するために様々な方向からアプローチをしていただけることは、小村さんならではだと思います。

教え子の一人としてスポーツ業界に足を踏み入れることになりますが、諸先輩方に引けを取らないように頑張ります。

<小村コメント>
日置君が大学四年生の時に出会い、とりあえずスポーツではなくホテルマンの道を選び宮古島に羽ばたきました。1年半経ち宮古島からSOS。メールなど遠隔でサポートをしていましたが、もう思い切って退職し東京に戻って来いと伝え、本当に退職して戻ってきたのが2017年4月(5月10日付で退職)。そこからマンツーマンで指導。

そんな時にバスケ界の重鎮の方から私に電話が入り、「愛媛のチームで人を探している。20代で営業未経験でもやる気がある子を紹介してください」と言われました。すぐにでも愛媛県に行けて営業ができる人。日置君がピッタリだと思いました。ホテルマンだったので接客面は問題なく、とにかく人柄が良くてあたりも良い。営業未経験だけどホテルを通して様々な経験もしており、ビジネス面も理解済み。なによりも、実家が東京なのに宮古島まで行ってしまうアクティブなので、愛媛は宮古島よりも近く、宮古島よりは人がいる。そして辞めたばかりですぐに動ける。

すぐに該当者がいるので面接してもらいたいと打診しました。数日後、すごラボに愛媛のチームの代理として株式会社バスケットボールジャパン(旧社名:株式会社日本プロバスケットボールリーグ)の取締役の渡邉一貴さんが面接官として来ましたが、渡邉君も私の教え子(笑) 面接する側とされる側が両方とも教え子という状況で見事クリア。後日、東京に来ていた代表と面談をして採用されたという経緯です。

5月10日付で退職し、約一か月の指導で、6月10日付から球団入りのスピード記録。そして、スポーツジョブライセンス第一号内定。スポーツ業界への就職は本当にタイミングですね。もちろん、日置君の人間性を既に把握しており、愛媛のチームの代表の方とは面識はありませんが、そこまでの導線のネットワークがスムーズでしたね。これからが大変だろうと思うので、また遠隔サポートですね。

新着情報